Sari の楽園日記

シンプルな楽園着「レアラニ」のモデル「SARI」による不定期な日記

かき餅



出産から手伝いに来てくれている母が

せっせこ白菜の漬け物と かきもちを作ってくれています


どうでもよい話ですが
小さいとき小学校にあがる前お家でひらがなを習っていた時の事

もちの『 ち 』は分かったのですが
かきもちの『 ち 』がどうしても分からない!と一日はんべそかいて粘った事を
思い出します。

その日のおやつは かきもち

分かるまで食べさせてもらえなくて・・・

どんだけ石頭なのか もちの『ち』は分かっても
かきもちの『ち』は分からない

でも、皆子供のときってそんな一つや二つがあるもの

弟は自分の名前の『なごみ』の『ご』をいくら教えても横にむけて
『い』と書くし・・・

どうして分からんのか??と年の離れた私は不思議で不思議で
なんじゃそりゃ!と思ったものですが
私の時も、親はさぞかし不思議だったでしょう。

まあ、そんな思い出のかきもちです

今日揚げて食べたら

まあ〜旨んまい!!

小さい頃 夕方になってやっと分かったとき
分かった!という喜びなんて、てんでなく
やっとやっと、かき餅が食べられる!
という喜びでしかなかったなあ〜。

さぞかしその時も美味しかった事でしょうな
photo by sari - -
0
    << 優 | main | やわらかな >>









    FACEBOOK

    このページの先頭へ