Sari の楽園日記

シンプルな楽園着「レアラニ」のモデル「SARI」による不定期な日記



真っ青な空

心地いい風に吹かれ 揺れる草草をながめ

そこに生きる 生き物の歌歌に耳を傾ける

そんなひと時の中にある時 世の中にこれ以上何が必要だというのでしょう
そう思える程の満たされた感覚になる

何処に住んでいようが風は吹くし 
空は様々に姿を変えながら私達の頭上にある

太陽は昇り 夜になると星や月たちが輝きを見せる

どこにでも見れる自然の姿

街の空に星が無い訳ではない

人々が電気を消し 空を眺めたなら
そこには無限の星々が姿を現すだろう

何処にでもある 風や 雲や 星や 太陽や 草花や 生き物たち

人々がこれらを思い出したなら
そこに自然はある

全神経を集中して 解放して 自然の姿をただ ただ みてみよう

何か探していたものを見つけられたような 懐かしいような 愛しいような

限りない幸せをみつけられるだろう


私が星を見なくなった時 私の中から星は消えてしまうだろう

私が自然から離れた時 彼らはどこか遠くへ消えてなくなるだろう

時間も足早に人々の間を駆けて行く
だから思う
この急速に変化する社会の中で

大事なものを失わないようしっかり見ていよう

よく耳を澄ませていよう

時を刻む 時計を人の手から地球にかえそう

幸せの種は いつも大地に蒔かれ 空から見守られている

その一粒一粒を 探す人生の旅をしよう






photo by sari - -
0
    << 活 | main | 妹 >>
    さりちゃん。
    やさしい綿毛をくっつけた
    タンポポの種が春の嵐と遊び空を旅をしていました。
    人は誰もが しあわせの種なんだと思う。
    次々に開発された物に支配され
    忘れかけてゆく本当の宝物
    便利という種の殻を破ってさ
    いっぱーい新芽がでたらうれしいね。

    ぱあーっと咲いたみたいになってる
    まんまるの綿毛タンポポと出会って
    感じた自然は
    「大地という宇宙に命かがやかせる星」でした。 
    | こういち | 2009/03/25 11:08 PM |

    タンポポの綿毛

    綺麗ですね
    タンポポの綿毛を思わせるやわらかな文をありがとうございます
    | sari | 2009/03/30 10:49 AM |










    FACEBOOK

    このページの先頭へ