Sari の楽園日記

シンプルな楽園着「レアラニ」のモデル「SARI」による不定期な日記

お婆ちゃん いつもありがとう



お婆ちゃんの足

87年間様々な歴史と共に この大地を踏みしめてきた足

一足 一足 踏みしめるように歩くお婆ちゃんの足

砂浜に その一歩 一歩の足の跡

それをぼーと眺めているのが好きだった

あまり歩けなくなったその足をさすりながら

お婆ちゃんは貝を拾う

そんな事を思い出していると 急にお婆ちゃんに会いたくなった

最近ひとつ年を重ねたお婆ちゃん

お誕生日おめでとう いつもいつもありがとう

photo by sari - -
0
    << へご | main | かぎりなく優しい花々 >>
    歴史の証人 命を継いできた者へ
    おめでとうの気を込めて元気をあげよー。
    たまにはさ〜さすってあげちゃったらいいけんね。
    お婆ちゃんとできるだけよ
    残された時を重ね 共有できたら幸せじゃ〜ね。
    うちは おば〜には  はよ〜にあえんようなったもんで
    会いたい時に会えるなんて めっちゃ幸せだと思う。
    この文を読んでいたら思う事が沢山ありました。
    おいら、すべてのお婆ちゃんに感謝します。
    ありがとう。
    | こういっち | 2009/03/06 1:35 PM |

     初めてのメールです!
    たまたま開いて見つけたもので、sariさんは2度見たことがあるものです、妙なものではないのです。
     広島でホントに始めてみたとき(あっ)と思ったのさ(笑)
    話しかけれないことに今は後悔後悔・・・
     いつかどこかでまた会いたいものです、なにごとにも純一なあなたに縁を感じたのです。
     今、名前も知ったのに変なやつです
                    よっかたらメールしてください。
    | 正空 | 2009/03/08 12:52 PM |

    こういちさん

    そうですね。ありがとう
    よりお婆ちゃんを愛しくおもいます
    | sari | 2009/03/08 8:59 PM |

    正空さん
    ありがとうございます。
    今度は見かけましたら気軽に声を掛けて下さいませ〜。
    | sari | 2009/03/08 9:07 PM |










    FACEBOOK

    このページの先頭へ