Sari の楽園日記

シンプルな楽園着「レアラニ」のモデル「SARI」による不定期な日記

美しい地球を子供達へ

春としか思えない程暖かい毎日です

庭の満開の梅の花に 小鳥が花をついばみにきます

ん?蛙
緑色した少し大きめの蛙

この時期って蛙と出会う季節かしら?


異常気象 最近ではあまりに良く聞く言葉です

四季 季節は巡る

その季節に生きる生き物
その季節に結ばれる命
梅の花が咲く時 桜や菜の花が咲く時 蝉の声 木々が葉を落とす時

様々に変化する自然の姿を見て 私達はその季節を知り 
一年という周期を感じていた

それらが最近では少しづつ分からなくなって来ています
自然界に生きる生き物にとっては もっともっとリアルな世界なのでしょう

四季が好きです
自分のふる里というものを想像した時に思うのは
この四季と密接した田舎の暮らしでした

私達は子供や孫にこのふる里を伝え見せてあげることが出来るのでしょうか

美しい地球を子供達へ
この言葉もまたよく聞く言葉です

私達は 美しい自然と共に遊び触れることができました
それがどれほど 豊かで 幸せな事か

心から思います
美しい地球を 自然を子供達へ





photo by sari - -
0
    << 南の風 | main | 餅 >>
    地球標準!!あろは〜♪さりちゃーん。
    オーーーー もう蛙と出会ったん。緑の蛙さん 冬眠あきたのかもね。
    関東平野は 梅の花八分咲き まだまだかわゆ〜いつぼみの赤ちゃんもいます。
    日が昇るすこしまえ 今朝はまだ息も白く「冬だよ〜〜ん。」って大気が教えてくれた。
    なんだか 嬉しくなって「ふ〜ふ〜」と吐きながら少し遊びました。
    おらも四季が好きです。
    深く積もった新雪の中に飛び込んで埋もれる気持ち好さ
    自然が造り出した芸術 かくれた名作 霜柱の上をザックザックと歩く音。鳥たちは歌い 桜のはなはひらりひらりと踊り 潔く散っては魅せる美しい姿 菜の花香り。虫たちの演奏会があちゃらこちゅらで始まり
    梅雨の手紙にうるおう緑の命たち 甘い果実に誘われては 「キュっキュっキュー」とチャーミングに響く砂浜を走りまわる 青緑の海に潜っては浮かんで 入道雲を見ながら 波の声をこころの描きとめる。田んぼは黄金色に輝き 山は極彩色に燃え 人は実りに感謝し 大地に感謝し 命そのものに尊敬とありがとうを送る。日本人に生まれて本当によかった。まいにち探すの大好きでやわらかい感受性を持った豊で小さな人たちから教わりぱなしのオイラですが(子供って呼ぶにはなんだか失礼な気がして)断言します。大丈夫 さりちゃんなら 美しい自然のふる里を伝え 触れあい 育んで 感じあい 豊かさを残していけます。メディアやジョウホウソウサなんかよりもたしかな 今 立っちょる 母なる地球から響いてくる自然の感覚と鼓動を信じ ユックリとジョジョニ 一年また一年と年輪を重ねていこう。
    | こういち | 2009/02/17 11:07 AM |

    ありがとう
    こういちさん

    とっても素敵な四季の旅を読みながらさせてもらいました
    目の前に状景が浮かんでくるようで
    私にとっても好きな一瞬 一瞬が書き留められていて
    読みながら 嬉しかったです

    | sari | 2009/02/18 2:34 PM |










    FACEBOOK

    このページの先頭へ